私はいままで何度も結婚式に出席しています。出席したとある結婚式の一つで面白い余興がありました、それは素人がビデオカメラで撮った映像を会場に流すのですがそれが大うけだったというもので、それをいろいろな方に話したところ私たちもやってみると評判のものでした。

そのビデオの内容は結婚をするカップルは親の反対を押し切って大恋愛の末結婚した2人で、式場には新郎と両親側のみ参加して新婦側は、そのお姉さんのみが参加するという少し異様な光景で、結婚式によくある両親への手紙といったプログラムはないものでした。出席者もその辺を理解していて変な気遣いをしていたのを覚えています。

結婚式、そして披露宴は淡々と進み、急に会場が暗くなり、スクリーンがおりてきて司会の方がここでビデオを放映しますのでスクリーンをご覧くださいとのアナウンスが流れました。それは二人の馴れ初めや会場に来てくれた方への感謝、両親への感謝、そして今後の決意が述べられたものでした。登場したのはあまり見た事がありませんが、後から聞いた話では役者の卵といった方々で本格感があります。さすがに地方まで遠征はできなかったそうですが、撮影場所は都内で雰囲気がある場所でデートの様子や両親に結婚を反対されている様子、そして駆け落ちシーンに何度も許しを請うシーンなどかなりリアルに再現されていて、その経過を知っている私たちも冷や冷やしながらその映像を見ていました。

途中から本人役が役者さんから本人に代わり、結婚に至った経緯、お互いに関する愛、そして今この場所にいられるのは皆さんのおかげです。本当にありがとうございましたという台詞とともに、ここで花嫁が手紙を取り出して両親に向けた手紙を読み始めます。その頃には出席者の中に号泣する方もいて私たちもその1人です。そのビデオカメラの映像は後で姉から両親に届けるとの事で、それを見てくれたらご両親も結婚を認めてくれるのではないでしょうかという内容です。

このカップルは少し特殊な経緯を辿ってますので全員が全員同じような感動をえられるムービーを撮る事はできないかもしれませんが、それでも二人の馴れ初めを流したムービーであれば会場は大盛り上がりの映像が撮れるのではないかと思います。それからはムービーの虜となり、誰か結婚の話をすればムービーを流す事で盛り上がる事を伝えて、その式に行ってはムービーを見て笑ったり涙を流したりしています。結構おすすめの余興ですね。